HPP装置

クインタスのHPPプレスは、高温や保存料を使用せずに食中毒原因菌を不活性化し、食品や飲料の冷蔵保存期間を延長するために冷水を利用しています。

高圧処理の利点

HPP技術は、懸念される多くの食品病原体を不活性化する優れた抗菌プロセスとして、世界の規制機関に十分に認められています。クインタスのHPPシステムは、高耐久性、高性能、低メンテナンス性を備え、長期の使用を前提とした設計です。クインタスのHPPシステムで使用されている独自の機械ソリューションとデジタルソリューションが、総所有コストを最小限に抑えながら、最大の稼働率と生産性を確保します。

HPP

収益性の向上

HPPは食品や飲料の保存方法に革新的な変化をもたらします。メーカーやマーケターは、これによって保存料不使用、自然の栄養素がそのまま含まれているなど、顧客のニーズに応える革新的な製品を作ることができます。また、エネルギーや化学物質の使用を最小限に抑えられるため、サステナビリティの面でもメリットがあります。

ピュアでパワフル

HPPは、包装後の食品や飲料を入れた線巻式の容器に純水を入れ、専用設計の増圧ポンプで水と内容物を加圧するという仕組みです。圧力は最大87,000 psi (6,000 bar)に達します。

信頼性

クインタスは、要求の厳しいさまざまな産業分野に高圧システムを供給してきました。その経験から、高耐久性、高性能、低メンテナンス性を備える信頼性の高いHPPシステムを設計、製造し、サポートを提供することができます。

高い栄養価

消費者は、特に生鮮食品、生の食品、あるいは最小限の加工を施した食品に高い栄養価を求めています。HPPは食品中の栄養素に影響を与えません。その主な理由は、HPPは共有結合に影響を与えないため、HPP製品ではビタミンや生理活性物質が維持されるからです。

お客様の導入事例

Brochure

HPP Supporting Ready Meals

Brochure

The Quintus® guide to HPP packaging

Brochure

HPP Supporting Pet Foods

HPP Supporting Ready Meals
Brochure

HPP Supporting Ready Meals

The Quintus® guide to HPP packaging
Brochure

The Quintus® guide to HPP packaging

HPP Supporting Pet Foods
Brochure

HPP Supporting Pet Foods

主な応用分野

サービスプロバイダー

調理済み食品

飲料

乳製品

ペットフード

プラントベースフード

食品・飲料

食肉製品

サービスプロバイダー

調理済み食品

飲料

乳製品

ペットフード

プラントベースフード

食品・飲料

食肉製品

よくある質問

HPP処理中は圧力が6,000 bar (87,000 psi)に達します。この圧力によって製品の体積が約15%圧縮されるため、HPPの包装材は防水性と密閉性を備え、15%以上の圧縮に耐える柔軟性のある材料を含んでいる必要があります。このような理由から、これまでは主にプラスチック材料がHPPで使用されてきました。圧縮しても包装が破れない十分な柔軟性と加工後に元の形状に戻る十分な弾力性を持つためです。これに加えて、HPPではrPET、PP、PLA、その他の生分解性材料などのサステイナブルな代替品を使用することもできます。HPP一般的な包装形態として、ボトル、カップ、パウチ、トレイがさまざまな種類のフィルムやクロージャーと組み合わせて使用されています。フィルムのシール面は、比較的広く均一で、できれば平らになっていることが必要です。HPPの包装では密閉性(ヒートシール性)が重要です。網目状は包装内で酸素を拡散させ、製品の酸化劣化を助長する可能性があるため適していません。

科学的根拠に基づくHPP技術は、懸念される多くの食品病原体を不活性化できる優れたプロセスとして、世界の規制期間に認められています。また、腐敗細菌の増殖を遅らせることにより、冷蔵保存期間を未加工食品の2~10倍にすることができます。これらの利点は、食品の安全性と食品廃棄物という世界的な課題に対して大きな影響を与えることができます。加熱や化学物質を使用する従来の食品加工方法は、健康と栄養の面でマイナスの影響を与えます。消費者は、特に生鮮食品、生の食品、あるいは最小限の加工を施した食品に高い栄養価を求めています。HPPは食品中の栄養素に影響を与えません。その主な理由は、HPPは共有結合に影響を与えないため、HPP製品ではビタミンや生理活性物質が維持されるからです。HPPを使用することで、メーカーは微生物の繁殖を抑える化学保存料の使用を排除し、食品安全検査の頻度を減らし、保存料不使用の食品を求める顧客のニーズに応えることができるほか、運用コストを削減して企業価値を高めることもできます。HPPは、非加熱食品加工技術の中でも優れたプロセスとして選択されるようになっています。包装後の食品に含まれる病原体の不活性化が保証され、食品・飲料メーカーは消費者を守り、企業の評判やブランドイメージの低下のリスクを避けることができるという、ビジネスにとって極めて重要な食品の安全性に対する自信が得られます。

クインタス・ケアプログラムは、高圧技術のパイオニアとして70年以上にわたり育んできた、真のパートナーシップを築くというクインタスの文化を反映しています。クインタス・ケアがお客様に提供する長期的・短期的な利点には、継続的な運用コストの管理、確実な部品の入手、定期的な技術的レビューと改善トレーニング、継続的な教育セミナー参加の機会などがあります。

はい。HPPは食品の安全性を保証し、新鮮な製品の最適な特性を維持しながら、保存期間を延ばします。また、HPPは多くの食品安全当局(FDA、EFSAなど)から高く評価されています。食品の安全性は、400 MPa (4,000 bar/58,000 psi)~600 MPa (6,000 bar/87,000 psi)で数秒から6分ほど加圧し、細菌、ウイルス、カビ、酵母、寄生虫などの増殖性病原体を不活化することで達成されます。

HPPは加工食肉製品、果物や乳製品を使用した飲料、ベビーフード、乳製品、ペットフード、調理済み食品、そのまま調理できるタレ漬け肉や食品、魚介類、プラントベースフード(ワカモレ、フムス、サルサ、調理済みサラダ、豆腐、植物ミート類)などの幅広い食品や飲料に商業的に使用されています。ほとんどの食品・飲料にHPP技術を利用できます。ただし、HPPの条件を決定し、規制のルールやガイドラインに適合するために、ある特定の内在的・外在的な要因が重要になります。

関連情報

Fresh Juices & Health Shots with Quintus HPP Press
White paper

Ensure food safety for fresh juices and health shots with HPP

Minimizing the risk of foodborne pathogens in raw meat-based pet food with high-pressure processing (HPP)
White paper

Minimizing Risk of Foodborne Pathogens in Raw Meat-based Pet Food with High-Pressure Processing (HPP)

HPP In-House HPP vs Outsourcing
White paper

HPP In-House vs HPP Outsourcing

HPP QIF 150L for the Food Processing Industry
Brochure

HPP QIF 150L for the Food Processing Industry

Fresh Juices & Health Shots with Quintus HPP Press
White paper

Ensure food safety for fresh juices and health shots with HPP

Minimizing the risk of foodborne pathogens in raw meat-based pet food with high-pressure processing (HPP)
White paper

Minimizing Risk of Foodborne Pathogens in Raw Meat-based Pet Food with High-Pressure Processing (HPP)

HPP In-House HPP vs Outsourcing
White paper

HPP In-House vs HPP Outsourcing

HPP QIF 150L for the Food Processing Industry
Brochure

HPP QIF 150L for the Food Processing Industry

事業に適したプレスの選択をサポートします。

This site is registered on wpml.org as a development site. Switch to a production site key to remove this banner.