保証期間が終わってからクインタス・ケアを検討するべきではありませんか?

それはお客様の判断にお任せします。投資する前にSLAの話を進めておけば、交渉が有利になると考えるお客様もいらっしゃいます。保証期間中もアップタイムの保証が重要だとするお客様もいらっしゃいます。早めにSLAを契約することで、予備在庫の確保や社内組織の支出を避けたいというケースもあります。一般的に保証は保証期間中の問題に対して適用されます。保証期間中も、迅速な稼働を開始し、継続するために予防保全は必要です。

その他の質問と回答

緻密化

一般的な材料は金属、軟磁性材料、セラミック粉末です。場合によっては、CIP処理された材料が熱間静水圧プレスでさらに処理されることもあります。

HIPの溶体化のステップによって、あらゆる材料の熱処理が可能です。また、硬化可能な合金に時効処理を行い、無孔のミクロ構造によって強度を高めることもできます。また、窒化ケイ素などのセラミック材料でも、以前より大幅に高速化した冷却速度の効果が期待できます。容器内の圧力がこれらを助けます。

金型内で超高圧で加圧された粉末は、材料にもよりますが最大で95%の密度を持つ固体に圧縮されます。

Uniform Rapid Cooling (URC®)は、クインタスが開発した、被処理体の均一冷却を可能にする技術です。高温・高圧のガスをヒートシンク上で強制対流させることで、ガスの冷却の制御が可能になります。URC® は金属やセラミック材料に使用され、生産性向上や部品の熱処理に利用されています。

一体型構造と線巻構造の2つの技術のうち、線巻式システムではシリンダー容量を2000 Lまで拡張することができます。

シートメタル成形

本来、当社はハードウェアのプロバイダーですが、非常に強力なアプリケーションサポートチームを擁しており、ご要望に応じて金型設計、成形、成形シミュレーションなど、Flexformのプロセスに関する研修を提供しています。

Flexformは、少量生産に最適な低コストのシートメタル液圧成形技術です。Flexformは剛性の高い片側のみの金型と、高圧作動油でバックアップされた柔軟なゴム製ダイヤフラムのみを使用します。Flexformによる一般的な部品生産量は、年間あるいは金型ごとに数個から数千個までと広範囲にわたります。

最終的な部品の品質もさることながら、主な利点として認識されているのが製造コストの低さです。これは金型にかかるコストが低いためです。また、このプロセスでは、1回の成形で複数の金型を使用して部品を製造することが可能です。Flexform技術を使用することで、従来の2つ1組の金型にかかるコストの50~90%を節約することができます。

航空宇宙分野では、高圧の使用によって、一般的に手作業での修正作業や中間熱処理の必要性を低減または排除することができます。あらゆる応用分野において、高圧は複雑で入り組んだ形状の成形の再現性と品質をサポートします。

寿命は使用する金型の形状によって異なりますが、通常は数万サイクル使用できます。クインタスのプレスの一部の機種では、オペレーターのミスでダイヤフラムに穴が開いたり破損したりした場合、ダイヤフラムを修理することも可能です。ダイヤフラムの交換は、すべての交換部品が手元にあれば、数時間以内に交換することができます。

食品加工

はい。HPPは食品の安全性を保証し、新鮮な製品の最適な特性を維持しながら、保存期間を延ばします。また、HPPは多くの食品安全当局(FDA、EFSAなど)から高く評価されています。食品の安全性は、400 MPa (4,000 bar/58,000 psi)~600 MPa (6,000 bar/87,000 psi)で数秒から6分ほど加圧し、細菌、ウイルス、カビ、酵母、寄生虫などの増殖性病原体を不活化することで達成されます。

HPPは加工食肉製品、果物や乳製品を使用した飲料、ベビーフード、乳製品、ペットフード、調理済み食品、そのまま調理できるタレ漬け肉や食品、魚介類、プラントベースフード(ワカモレ、フムス、サルサ、調理済みサラダ、豆腐、植物ミート類)などの幅広い食品や飲料に商業的に使用されています。ほとんどの食品・飲料にHPP技術を利用できます。ただし、HPPの条件を決定し、規制のルールやガイドラインに適合するために、ある特定の内在的・外在的な要因が重要になります。

クインタス・ケアプログラムは、高圧技術のパイオニアとして70年以上にわたり育んできた、真のパートナーシップを築くというクインタスの文化を反映しています。クインタス・ケアがお客様に提供する長期的・短期的な利点には、継続的な運用コストの管理、確実な部品の入手、定期的な技術的レビューと改善トレーニング、継続的な教育セミナー参加の機会などがあります。

科学的根拠に基づくHPP技術は、懸念される多くの食品病原体を不活性化できる優れたプロセスとして、世界の規制期間に認められています。また、腐敗細菌の増殖を遅らせることにより、冷蔵保存期間を未加工食品の2~10倍にすることができます。これらの利点は、食品の安全性と食品廃棄物という世界的な課題に対して大きな影響を与えることができます。加熱や化学物質を使用する従来の食品加工方法は、健康と栄養の面でマイナスの影響を与えます。消費者は、特に生鮮食品、生の食品、あるいは最小限の加工を施した食品に高い栄養価を求めています。HPPは食品中の栄養素に影響を与えません。その主な理由は、HPPは共有結合に影響を与えないため、HPP製品ではビタミンや生理活性物質が維持されるからです。HPPを使用することで、メーカーは微生物の繁殖を抑える化学保存料の使用を排除し、食品安全検査の頻度を減らし、保存料不使用の食品を求める顧客のニーズに応えることができるほか、運用コストを削減して企業価値を高めることもできます。HPPは、非加熱食品加工技術の中でも優れたプロセスとして選択されるようになっています。包装後の食品に含まれる病原体の不活性化が保証され、食品・飲料メーカーは消費者を守り、企業の評判やブランドイメージの低下のリスクを避けることができるという、ビジネスにとって極めて重要な食品の安全性に対する自信が得られます。

HPP処理中は圧力が6,000 bar (87,000 psi)に達します。この圧力によって製品の体積が約15%圧縮されるため、HPPの包装材は防水性と密閉性を備え、15%以上の圧縮に耐える柔軟性のある材料を含んでいる必要があります。このような理由から、これまでは主にプラスチック材料がHPPで使用されてきました。圧縮しても包装が破れない十分な柔軟性と加工後に元の形状に戻る十分な弾力性を持つためです。これに加えて、HPPではrPET、PP、PLA、その他の生分解性材料などのサステイナブルな代替品を使用することもできます。HPP一般的な包装形態として、ボトル、カップ、パウチ、トレイがさまざまな種類のフィルムやクロージャーと組み合わせて使用されています。フィルムのシール面は、比較的広く均一で、できれば平らになっていることが必要です。HPPの包装では密閉性(ヒートシール性)が重要です。網目状は包装内で酸素を拡散させ、製品の酸化劣化を助長する可能性があるため適していません。

サービス&サポート

調査によると、産業セクターの通常の機械の保守コストは、投資の6~7%(年間)とされており、通常クインタス・ケアの総合プランの価格はそれを大きく下回ります。サービスレベル契約(SLA)の総合プランでは、材料にかかるすべてのコストを管理できます。基本プランでは、材料の一部を必要に応じてクインタスから、またはその他のサプライヤーからご購入いただく形になっています。

クインタスのSLAのすべてのプランは次の3つの要素に基づきます。

  • 相互の協力の意思(いずれかの当事者が満足しない場合は6ヶ月で終了できる)
  • アップタイムを最適化し、装置を最大活用する両当事者の強いインセンティブ
  • ライフサイクルにかかるコストを最小限に抑えるために範囲を最適に分割

クインタスは、経験に基づいて使用頻度の高い部品を在庫に置いています。ですが、クインタスはカスタマイズした資本設備を提供しているため、すべての部品を在庫に置くのは現実的に不可能です。また、旧式になる部品もあるため、代替部品を探すのに時間がかかる場合があります。一般的に、予防保全に使用する部品は、事前の計画によって納期の問題は少なくなります。

クインタスでは優先順にお客様にサポートを提供しています。クインタス・ケアの総合プランにご加入いただいているお客様を最優先に対応させていただき、続いてクインタス・ケア基本プランのお客様、その次に一般のお客様という順で対応しております。クインタス・ケアのお客様は、専任のアカウントマネージャーが付いており、クインタスのサービスとのやり取りをお客様に連絡しています。クインタス・ケアについて詳しい情報が必要ですか?

This site is registered on wpml.org as a development site. Switch to a production site key to remove this banner.