堅牢な予防保全プログラムの重要性

予防保全:その神話と 事実

予防保全(PM) に関する神話の中でも、以下のふたつは特によく聞かれます。

神話:

予防保全は経費と時間がかかる。

事実:

事前に決められた維持計画を守れば、予防保全プログラムは、コストを予測可能にし、そして管理しやすくします。  故障回避を重視することで、焦点が絞られ、時間も有効に活用できます。

神話:

予防保全は、要は設備だけの問題である。

事実:

不十分な設備保全は、事業全体に影響を及ぼします。 最良の状態にない設備は、継続的なプロセス改善にとって大きな障害になります。さらに深刻なのは、顧客の期待に応えらないと言うリスクが発生し、それはどんなビジネスにとっても長期的な影響を及ぼすものです。

Quintus Preventive Maintenance Program

あらかじめ設定した維持スケジュールに従うことにより、予防保全プログラムは、コストを予測可能にし、そして管理しやすくします。

なぜ予防保全は重要なのでしょうか?

なぜ予防保全に投資すべきなのでしょうか?答えは簡単です。稼働不能になった機材はダウンタイムを起こします。そしてダウンタイムは、非常に高くつくのです。

ダウンタイムによる損失額は、現場によって異なりますが、ひとつだけはっきりしていることがあります。それは、修理費は氷山の一角に過ぎないと言うことです。ダウンタイムによる真の損失の計算には、さまざまな要因を考慮しなければなりません。

ある機材で、その主要機能が損なわれた場合の負の結果のスパイラルを考えてみましょう。まず故障に至るまでの過程で、製品の質が低下します。生産が予定外に停止してしまうと、直ちに成果がなくなり、そして収益も減少します。仕事に従事できない従業員は、非効率的です。故障は、設備の寿命を縮めます。納品予定が守られなければ、顧客の期待を裏切ることになります。

つまり、短期的な経費節約のために、予防保全をおろそかにすると、隠れたコストが膨れあがるのです。

保全プログラムの重要性について、より詳しく知るには!

弊社ホワイトペーパーをダウンロードしてください!予防保全をすべき技術的な理由や、堅牢な保全プログラムの特徴、そして文書化と研修の重要性について知ることができます。

Prevent downtime and maintenance issues with Quintus Care Program

なぜ予防保全に投資すべきなのでしょうか?答えは簡単です。稼働不能になった機材はダウンタイムを起こします。そしてダウンタイムは、非常に高くつきます。

24時間体制のサポート

お客様に最善のサポートを提供するため、


アメリカ、ヨーロッパとアジアの各地域にサポート拠点を設けております。

下のボタンをクリックして地域をお選びください。