冷間静水圧プレスが支えるセラミック産業

動画を見る:静水圧プレス成形について

冷間静水圧プレスが支えるセラミック産業

数十年もの間、冷間静水圧プレス(CIP)は、世界のメーカーによって使われ、成功を収めてきました。冷間静水圧プレスは、金属やセラミックの粉末を結合させ、圧延や機械加工そして焼結などの処理ができる「グリーン」な部品を作るのに使われます。

圧力が典型的に1,035〜4,138バール(15,000〜60,000psi)、そして温度が最高93°C (200°F)になる冷間静水圧プレスは、セラミックの最大理論密度を95%達成できます。金属の場合、100%までの理論密度を達成できるほか、重要な高性能金属材質の延性と疲労抵抗を向上させます。コンポーネントは多くの場合、網形または準網形になっています。

高性能セラミック部品に実績のあるプロセス
冷間静水圧プレスの一般的用途として、セラミック粉末の結合、グラファイトの圧縮、耐火物や電気絶縁体、そして歯科や医療用の緻密セラミックスなどがあります。この技術は、スパッタリング・ターゲットの成形や、エンジンのシリンダーヘッドの摩耗を最小化するためのバルブのコーティング、電気通信、電子機器、航空宇宙産業そして自動車産業などの新しい応用へと広がっています。

Examples of Cold Isostatic Parts created on Quintus CIP
Isolators created in Quintus Technologies Cold Isostatic Pressing
絶縁装置
hard metal tools perfected in Quintus cold isostatic press
超硬工具
Powder metal used in Quintus cold isostatic press
粉末金属
Nozzles for casting and stopper rods Quintus cold isostatic press
連続鋳造やストッパーロッドのノズル
Metal filters parts perfected in Quintus Cold isostatic press
金属フィルター
Graphite parts created in Quintus Technologies cold isostatic press
グラファイト部品

最高性能の高度セラミック用冷間静水圧プレス

クインタス・テクノロジーズが特許を取得している微量減圧システムは、圧力とサイクルタイムを正確そして制御しながら低減し、生産性を最大限まで高めます。このメリットとして、バルブの機械的摩滅の減少、非常に正確な圧力制御による安全な生産、そして空気が閉じ込められたことによって「グリーン」なセラミックの部品に発生するひび割れや剥離による材料ロスの最小化、などが挙げられます。

クインタスの設計は、米国機械学会(ASME)の圧力容器基準の Section VIII、Division 3に定められた「leak-before-burst(破断前漏洩)」に準拠しており、市場で最も安全そして軽量になっています。弊社の圧力容器の寿命は、現在製造されているものの中で最長です。冷間静水圧プレスなどは、その独特の巻き線型高強度の技術のおかげで検査が簡単で保全の間隔が最も長いため、そのほとんどが今でも稼働しています。

セラミック産業に貢献する冷間静水圧プレス
弊社の冷間静水圧プレスの比類ない性能設計は、最も高い圧力と荷重負荷に耐えることができるほか、最速のサイクルタイムを実現しています。圧力容器のコンポーネントも、非常に長寿命になっています。オペレーターの操作が簡単なヒューマンインタフェースは、高度でインテリジェントな圧力制御を可能にしています。微量減圧システムにより、高精度の圧力制御が可能で、地絡が発生してもサイクルを継続できる可能性を提供します。停電時の処理においても、最も安全で冗長性のある冷却およびフィルターシステムになっています。安全運転の頂点にあるシステムとなっています。

Chart showcasing example of powder compaction with Quintus cold isostatic press technology

粉末圧縮比

処理前のカプセル量の%

Compression of powders showcasing Quintus cold isostatic pressing technology

各種粉末の圧縮率

相対密度、完全密度の%

冷間静水圧プレスを選ぶ理由

冷間静水圧プレスを選ぶ理由

  • 理論密度を60%〜95%達成
  • セラミック粉末の結合
  • 次のプロセスにすぐ進める、セラミックス用の「グリーン」な部品
  • CIM(セラミック射出成形)による精巧な設計

材料特性の向上

  • アルミナ粉末圧縮や電気絶縁体など機械特性の向上
  • データのばらつきを抑えることで生産を安全に制御
  • 腐食劣化を最低限に抑えた最高の特性

新しいユニークな材質の加工

  • プロセスの最適化
  • 機能性の向上

冷間静水圧プレスは以下の新しいアプリケーションへと拡張しています:

  • 冷間静水圧プレスによる電気絶縁体成形
  • エネルギー部門用の電子機器
  • 燃料電池や圧電電子機器
  • 摩耗性の高い消費財
  • セミコンダクター

冷間静水圧プレスの価値

中型から大型の冷間静水圧プレスのための「最新」技術

  • 「破断前漏洩」などの高い安全性
  • 比類ないサイクル寿命(> 200,000サイクル)
  • すベての圧力レベルにおける優れたプロセス制御

従来の結合方法と比べたメリット:

  • プログラミング可能で精度の高い圧力配分
  • 加工素材の機械的応力の軽減
  • 低重量

新しいユニークな材質の加工が可能

  • プロセスの最適化
  • 機能性の向上

プレスの選択にお迷いですか?

材料特性を向上させる方法を知る

お客様に最善のサポートを提供するため、
アメリカ、ヨーロッパとアジアの各地域にサポート拠点を設けております。

お問い合わせは、下のボタンをクリックしてください