冷間静水圧プレス

動画を見る:静水圧プレスの詳細

これが、冷間静水圧プレスです

品質と生産性が焦点
数十年もの間、冷間静水圧プレス(CIP)は、世界のメーカーによって使われ、成功を収めてきました。冷間静水圧プレスは、金属やセラミックの粉末を結合し、圧延や機械加工そして焼結などの処理ができる「グリーン」な部品を作るのに使われます。

圧力が典型的に1,035〜4,138バール(15,000〜60,000psi)、そして温度が最高93°C (200°F)になる冷間静水圧プレスは、セラミックの最大理論密度を95%達成できます。

高性能部品に実績のあるプロセス
冷間静水圧プレスの一般的用途として、セラミック粉末の結合、グラファイトの圧縮、耐火物や電気絶縁体、そして歯科や医療用の緻密セラミックスなどがあります。

この技術は、スパッタリング・ターゲットの成形、エンジンのシリンダーヘッドの摩耗を少なくするためのバルブのコーティング、電気通信、電子機器、航空宇宙産業や自動車産業などの新しい応用へと広がっています。

Isolators created in Quintus Technologies Cold Isostatic Pressing
絶縁装置
hard metal tools perfected in Quintus cold isostatic press
超硬工具
Powder metal used in Quintus cold isostatic press
粉末金属
Nozzles for casting and stopper rods Quintus cold isostatic press
連続鋳造やストッパーロッド用ノズル
Metal filters parts perfected in Quintus Cold isostatic press
金属フィルター
Graphite parts created in Quintus Technologies cold isostatic press
グラファイト部品

「クインタス・テクノロジーズは、こちらの要件に耳を傾け、現在そして将来に向けて我が社の生産プロセスに役立つソリューションを練り上げてくれました。さらに重要なのは、問題なく予定通りに納品そして設置され、スケジュールに沿って生産を開始できたことです。」

オーストリアのロイッテ、プランゼー社取締役 Wolfgang Köck氏

冷間静水圧プレス製品

Quintus Technologies Cold Isostatic Press

冷間静水圧プレス製品

冷間静水圧プレス

クインタス・テクノロジーズには、世界各地で数多くの冷間静水圧プレスを設置してきた経験があります。弊社では、設備が生産開始できる状態になるまでお客様との連絡は単一の窓口で行うという、実績あるプロジェクト管理方法を採っています。

Quintus Technologies Monoblock cold isostatic presses

冷間静水圧プレス製品

ラボとパイロット規模の冷間静水圧プレス

一体鋳造型の容器は、1940年代後半から使われており、粉末金属やセラミック産業にで信頼できる道具として証明されています。クインタス・テクノロジーズ(旧ABB)は、1986年にAutoclave Engineers社とジョイントベンチャーを結び、そしてその後2006年には同社の静水圧プレス成形部門を買収しました。

Isostatic Laminating Presses

冷間静水圧プレス製品

静水圧ラミネートプレス

クインタスでは、さまざまな電子部品でコスト効果の高いラミネーションを可能にする、一連の静水圧ラミネートプレス(LIP)を開発しています。この電子部品には、以下が含まれます:MLCC、LTCC,ハイブリッドチップ、フェライト、卑金属パッケージ、多層PZT、医療用電子機器やインプラントデバイス、電子フィルター、バリスタ、Bluetooth部品、燃料電池、そしてその他の多層モジュールなどです。

Quintus Technologies Application Support HIP and CIP technology

冷間静水圧プレス製品

アプリケーションサポート

クインタス・テクノロジーズは、60年以上にわたり、静水圧プレスを開発、設計そして生産してまいりました。それにより、静水圧プレス成形とその応用に関して、深く幅広い知識を蓄積してきています。こういった背景を基盤に、冷間静水圧プレスにおける試験やアプリケーションのサポートを提供し、このプロセスの能力や実行可能性、そして成果などを示すことができます。これには、以下が含まれます:

Need help choosing the right press for your business?

冷間静水圧プレスのメリット・選ぶ理由

メリット

中型から大型の冷間静水圧プレスのための「最新」技術

  • 「破断前漏洩」などの高い安全性
  • 比類ないサイクル寿命(> 200,000サイクル)
  • すベての圧力レベルにおける優れたプロセス制御

従来の結合方法と比べたメリット:

  • プログラミング可能で精度の高い圧力配分
  • 加工素材の機械的応力の軽減
  • 低重量

新しいユニークな材質の加工が可能

  • プロセスの最適化
  • 機能性の向上

冷間静水圧プレスを選ぶ理由

理論密度を60~95%達成

  • セラミック粉末の結合
  • 次のプロセスにすぐ進める、セラミックス用の「グリーン」な部品
  • CIM(セラミック射出成形)による精巧な設計

材料特性の向上

  • アルミナ粉末圧縮や電気絶縁体など機械特性の向上
  • データのばらつきを抑えることで生産を安全に制御
  • 腐食劣化を最低限に抑えた最高の特性

より安全で効率的な生産

  • セラミック粉末の高密度結合に最速の方法
  • kgあたりのコストが最小

24時間体制のサポート

お客様に最善のサポートを提供するため、
アメリカ、ヨーロッパとアジアの各地域にサポート拠点を設けております。

下のボタンをクリックして地域をお選びください。